教育計画

←学校紹介に戻る

 学校教育目標 

ともに伸びる馬室っ子


○自ら学び考える力を高める子

○認め合い、支え合い、協力する子

○健康で進んで心と体を鍛える子


 学校経営方針 

 

知・徳・体の調和のとれた心豊かでたくましい児童の育成をめざす

1 教職員一人一人が学校経営参画意識を持ち、学校教育目標具現化を目指して協働する学校をつくる。
2 全ての教育活動を通して、豊かな心と実践力・規律ある態度を育成する。
3 基礎的・基本的事項の確実な定着を図り、思考力・表現力・判断力等の確かな学力の定着を図る。
4 家庭・地域・関係諸機関との連携を進め、地域に根ざした開かれた学校をつくる。


 努力目標 

 

◆確かな学力の定着
1 ねらいを明確にし、板書を充実させ、かならずまとめをし、学習内容の確実な定着を図る
2 基礎・基本の習得の時間・方法を具体的に設定する
3 主体的に学習に取り組む意欲や態度を育成する
4 習熟度別学習を核とする少人数指導の充実
5 言語活動を充実させる時間・場を設定する(発表力、話し合い) 
◆ 生徒指導の充実
1 児童の特性をよく理解し、児童の長所を伸ばす
2 規律ある態度は定期的に自己評価などを取り入れ、徹底させる
3 一人一人に「心の居場所」となるような学級作りを行う
4 「あいさつ・返事」、「時間を守る」は日常の指導とともに、教師自ら範を示す
5 信頼関係を作り、早期発見、早期指導に努めいじめを防止する
◆伝統を生かした環境作りの推進
1 学校環境を大切にする心の教育の推進
2 清掃活動・栽培活動の推進
3 掲示教育の充実
◆健康安全指導の充実
1 自分や他人の命を大切にする教育の推進
2 体育授業の充実と業前運動(さわやかタイム)の創意工夫
3 保健学習の充実を図り、自己管理のできる子の育成
◆保護者・地域・関係諸機関との協力、連携体制の充実
1 学校公開日の工夫、改善
2 地域の人材の活用、交流
3 学校外部評価の実施
4 学校・学年便り等の工夫

 


 学校課題研究 

 

平成30年度 

学力向上「基礎・基本の定着と学びあい・高め合う授業の創造」

 

←学校紹介に戻る

更新日:2018年04月24日 13:24:13