学校長のあいさつ

            「 新 年 度 を 迎 え て」 
                                 校 長  伊 藤  誠
 新年度の人事異動で、田中 孝校長先生ご退職の後、着任しました伊藤 誠(いとうまこと)と申します。伝統あるこの馬室小学校に赴任できたことを心から嬉しく思っております。教職員一丸となり、本校の教育活動推進に努めて参りますので、他の転入教職員共々どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、本日、新たに46名の新入生と2名の転入生を迎え全校283名の児童とともに、新年度がスタートしました。保護者の皆様、お子様のご入学、ご進級、誠におめでとうございます。初めてお子様の入学を迎えられたご家庭におかれましては、感激もひとしおのこととご推察いたします。これから始まる新たな学校生活で、たくさんのことを学び、たくさんの友だちと出会い、たくさんの経験をし、充実した日々を過ごしてほしいと願っています。昨年までの教育実践を継承しつつ、本年度も「確かな学力の育成と心の教育の充実を目指す特色ある学校づくり」に全力を尽くしてまいります。
 学校教育目標は、次の通りです。「ともに学び、ともに遊び、ともに伸びる馬室っ子」の育成を目指します。
                   学 校 教 育 目 標
                  ともに生きる馬室っ子
                    ~あせがきらきら馬室っ子~
               〇よく考え進んで勉強する子 (確かな学力)
               〇思いやりの心をもちよく働く子 (豊かな人間性)
               〇じょうぶな体でやりぬく子    (たくましく生きる力)

 本校の「三つのやくそく」は、あいさつをすること・時刻を守ること・清掃をしっかり行うことです。また、4月の生活目標は、「気持ちのよいあいさつをしよう」です。 私は先日、通勤途中にこんな経験をしました。市内の小学生が道路を横断しようとしていたので、車を止めたところ、その小学生は横断し終わった際にこちらを見て、笑顔で深々とお辞儀をしてくれたのです。とても心が温かくなり、すがすがしい気持ちで1日を過ごすことができました。あいさつ・感謝の気持ちを表すことの大切さを実感した瞬間でした。
 4月は新たな出会い、人と人との関係づくりの時期です。それに不可欠な「あいさつの習慣化」に家庭・地域でもご配意いただければ幸いです。本年度も様々な教育活動を創意工夫し、子どもたちの確かな学力と豊かな心、健やかな体の育成に教職員全力で取り組んでまいります。どうぞ、一層のご協力とご支援をお願い申し上げます。            

更新日:2019年10月09日 17:07:17